川嶋4.jpg

Advisor​​

​2018年新卒入社

​Kawashima Kenta

​Recruiting

Q.学生時代は何をしていましたか?

学生時代は主にアルバイト・イベント運営・読書に力を入れていましたね。

アルバイトはアパレルをしており、人と話すことと服が好きだったという理由で始めました。

学生時代から新しいことを知るのがすごく好きで、新しいことを知るための情報源として、本を読んでインプットしていました。また新しいことを知るためには人と会って話すことも重要だと考えていたので、人と会うために異業種交流会などのイベントを主催したりしていました。いろいろな人を巻き込んで何かをすることが楽しくて、自分が軸となって夢中で様々な企画を行っていました。

またイベントでは人と話してインプットしていく以外にも、どんな工夫をすれば人の感情が動くのかということも学べました。

Q.MS-Japanに入社を決めた理由を教えてください。
“激動の時代の中で、個の力を養うことができる”ということが決め手でした。

出会ったきっかけは管理部門特化で、経営企画や経理財務などの経営の中枢を担う企業と知り、直感的にいいなと思いました。

また商談先の相手が経営者・役員クラスであること、求職者もハイレイヤーが多いというところに、就活の軸としていた「成長」ができると感じ、これは面白そうだなと惹かれました。

学生時代から様々な人の話、年長者の話を聞くのが好きだったのでビジネスの最前線にいる経営者と接点をもって情報をインプットすることにより、新しい価値観や、自分の引き出しが増えると思って選考に進んでみました。

最終的にはMS-Japanから内定をいただきましたが、そのほかにも上場している半導体の商社、大手の精密機器のメーカーにも内定をいただいていたのでその3社で悩みました。

最終的な決め手は「激動の時代の中で、個の力を養う」というポイントが一番大きかったです。MS-Japanならば求職者・クライアントの心を動かしていく仕事だと思うので、人の心を読み解く力、話す力、理解力、提案力、課題解決力など営業としての経験が積めると思いました。

また成長という観点でも、MS-Japanは最適な環境だと考えました。私の成長の定義は失敗経験を積み、自身の感情が動いたときはじめて成長すると考えています。だからこそ、多くの経験を積むためになるべく早いうちにマネジメントの経験を積みたかったです。実際に20代でマネジメントしている社員も在籍して、チームメンバーを持っているというロールモデルが数多くありました。この会社なら自分の求めていることにすべて当てはまると思い、最後は自然に決めていました。

Q.仕事での面白さややりがいを教えてください。
“​人、会社、社会に大きなインパクトを与えることができる仕事”

私はリクルーティングアドバイザーとして、求職者の転職支援と、企業の管理部門の人材ニーズの課題解決を行っています。その中でも私は“NEXT1000”という日本経済の牽引役として期待される売上高が100億円以下の、「新興上場企業」や「上場準備企業」を主に担当しています。

そのなかでこの仕事の面白さは、人の人生を大きく変えることもできるし、クライアントの業績をアップさせることもできる「会社や社会に大きなインパクトを与えることができる仕事」であるということです。

会社のNo 2であるCFOの採用などでは、特に会社に大きな影響を与えることができます。

ビジネスの最前線で活躍してきた優秀な人が、このポジションに合致して、この社長と二人三脚を組んだら、会社はどんな飛躍をするのだろう…と将来像をマッチングさせたときにとてもワクワクし面白い!と感じます。そしてその求職者、その企業の将来の活躍、成長が楽しみになります!

また求職者やクライアントが気づいていなかった潜在的な悩みや課題を引き出すことによって、新たな価値観や、選択肢を与えることのできる仕事だと思います。

Q.今後の目標を教えてください。
“​自分にしかできない価値提供を人にも組織にも社会にもしていきたい”

一番目先の目標はマネジメントをしたいと考えています。そして早く経営に近いところをで仕事がしたいです。

現在は今まで構築されて来た人材紹介という枠組みの中で勝負をさせてもらっていますが、今後は自分にしかできない新しいビジネスを創造できる人材になりたいです。

最終的には組織に新しい価値観や選択肢を提示できる存在になりたいです。そして自分にしかできない価値提供を人にも組織にも社会にもしていきたいと考えています。

今は求職者やクライアントなど目の前の方に気づきや影響を与えて豊かにすることはできていると思いますが、それを会社、社会に向けて行っていきたいと思っています。

川嶋9.jpg