有山5_edited.jpg

​Manegy​​

​2006年中途入社

Ariyama Tomoki

Q.現在の仕事内容を教えてください。

事業を創っていく役割を担っています。限られたリソースの中でより高い成果を上げるために、事業をグロースさせていくためにはどうしたら良いのか日々思考を巡らせています。

具体的には、​数字の計画を立てたり、予算管理や人員管理といったマネジメント業務から、企画立案&実行の旗振り役として事業全体をみている、という感じですね。

Q.現在の面白さを教えてください。
“0から作り上げたメディアが数億規模の売り上げを出すメディアに”

元々新しいことやスピード感のあることが好きなのですが、イノベーションコンテストで自分が企画したモノがベースになって、0から創り上げたメディアが数億規模の売上を出すメディアに成長していく過程に関われたことは、楽しくもあり、大きなやりがいを得られました。

現在も、既存の延長ではなく新たなゴールやそこに向かうルール作りなど、やることがフレッシュで飽きないところもManegyというメディア事業の面白さです。​また、メディアの成長とともに、自分だけでなく事業部のメンバーもどんどん成長してたくましくなってくれていることもやりがいに感じています。

有山10.jpg
Q.MS-Japanはどんな会社ですか。
“世の中と共に変化でき、自分次第で成長機会が多い会社”

世の変化と共に変化できる会社、自分次第で成長の機会が多い会社だと思っています。実際に、様々な経験を積むことができたし、今もやりたいこと新しいことにチャレンジできています。

ただ、成長意欲だけを満たすということではなく、チャンスを掴む「好奇心」が大事。好奇心が強い人や、元々興味がないことでもまずやってみよう!と考えられるフットワークが軽い人にとっては、楽しい環境の会社だなと思っています。

Q.今後の目標を教えてください。
“常に変化できる人材に”

まずはManegyの規模と認知を高めて、バックオフィスのほとんどの人が知ってる、利用している状態を作りたい。それを基に、より大きな収益事業を生み出して、新たな事業を作ることにもチャレンジしたいと考えています。

また、Manegyの利用データや会員データをもとに人材サービスの更なる拡大に寄与していきます。
そして、その礎を端緒に、より大きなサービスや機能を実装して、ヨコ展開するような計画で事業を行なっていきます!

個人的には、webやテクノロジーを活用し、その最先端に近い場所に自分を置いておきたいです。歳を重ねて変に過去のやり方にこだわる人にはなりたくない、時代の空気を読んで変化できる大人でありたいです。