スクリーンショット 2021-12-22 203238.png
WORKSTYLE

MS-Japanの働き方についてご紹介します。
社員の自主性や成果を大事にしているからこそ
​フレックスタイム制・在宅勤務・自由な服装と柔軟で働きやすい制度が整っています。

時計の無料アイコン (2).png
​フレックスタイム制コアタイムは11:00~17:00

​育児や介護等を行う社員やプライべートと仕事を両立を目指し、時間の制限を緩和し最大のパフォーマンスを発揮しやすい環境を整えるため、フレックスタイム制を導入しております。全社員適用のためご自身のライフスタイルに合わせて柔軟な働き方が可能です。

デスクワークアイコン3.png
テレワーク(2021年3月現在3割出社)

必要によって出社・テレワークの選択が可能です。
現在は新型コロナウイルスの影響もありますが、社員一人一人が場所にとらわれず最大のパフォーマンスを発揮できるよう、テレワークを取り入れています。
※新型コロナウイルス終息後もテレワークは継続予定です。​

T-シャツのフリーアイコン.png
その場に適した自由な服装での勤務

その場に適した自由な服装での勤務が可能です。
​状況によりますが、Tシャツやセーターなど自由度の高い服装で働くことができます。

ENVIRONMENT

 
 
スクリーンショット 2021-12-22 203238.png
​CULTURE

​匿名を条件に“MS-Japanらしさとは?”を社員インタビューしました。
制度などでは表せないMS-Japanで働く社員が感じている
リアルな部分をお届けします。

2.png

20代後半/男性 2016年中途入社 Manegy Sales

MS-Japanは上場企業で歴史もある会社ですが、一般の常識では考えられないほど経営層との距離が近く、日常的に直接コミュニケーションが取れる距離感の中で気付きや学びが多い環境です。そして、自分の考えや提案を経営層まで伝えることもできます。実際に私が所属しているメディア事業部は1人の社員の企画から立ち上がった事業部なんです。こういった風通しのよさや、自ら提案することを尊重する点は特徴的な文化だと思います。

 メディア事業部では、より良いメディアにすることを追求し、営業や企画といった職種や立場に拘らず事業部で一体となり日々意見を出し合っています。ユーザーやクライアントのために必要だと思った時には、事業部長や役員に直談判することもあります。

 このような文化なので、MS-Japanは、自分で考えて行動するのが好きな人、裁量も持って働きたい人には刺激のある会社だと思います。自ら手を挙げれば、新しいことや自分の業務範囲を超えた仕事にも挑戦するチャンスがあるので、自分で自分の限界を決めないチャレンジ精神旺盛な方は短期間で大きな成長が得られる環境だなと感じています。

 ただ、私も常日頃感じていますが会社が自分を成長させてくれるということではないなと思っていて、成長機会が与えられることを待つ受け身な姿勢ではなく、成長するために努力をすることや、自らチャンスをつかみに行く好奇心が重要だと思っています。だからこそ、成長幅や成果を出した分評価される、成果主義の色合いが強い会社なのだと思っています。

20代前半/女性 2020年新卒入社 Recruiting Advisor

MS-Japanはとてもあたたかみのある会社だと思っています。

新卒1年目で右も左もわからなかった当時、先輩が貴重な時間を割いて本当に親身になって相談に乗ってくれて感動したことを覚えています。ただ、今ではMS-Japanで普通のことだとも思っていて、どの社員と会話をしていても相手に対する思いやりの気持ちを感じます。私自身が経験したことを後輩にも還元していきたいですし、きっとこうした関わりが連鎖してMS-Japanの心あたたかい風土が根付いているのだと思います。

 営業職の評価は成果主義の色合いが強く、営業職の数字に対する意識は高いですが、自分がしっかり結果を出すということはその分顧客や求職者の皆様に価値提供できているということでもあります。1人1人の営業担当者が、顧客や求職者に対して「相手にとって本当にベストなことは何か」を考え、誠実に向き合っているからこそ結果に繋がっているのだと感じています。

 相手(顧客、求職者、社会、組織、社員)のために力になりたいという想いを原動力に、自分自身が成長していくこと、ストイックに結果を追求することで、よりたくさんの方々にHappyを届けていきたいと思っています。

3.png
1.png

30代前半/男性 2015年新卒入社 Manager

社員の「人間力」が高く、それゆえに部門間や職種間の壁が低いところは会社の特徴的な文化だと思っています。

 例えば、­­­­事業部内での施策を進めていくときにマーケティングやシステム担当の社員と接点を持つ機会も多いのですが、どんな時も協力的で、相談にも乗ってくれたり、意見を出し合ったり、同じ方向を向いて施策を実行していきます。こうした関わりの中で、他部署や自分の役割の範囲外のことであっても“自分事”と捉えて全力を出し切れる姿勢に社員1人1人の意識の高さと、部門間・職種間での調和を感じますね。

 

私はキャリアアドバイザーのマネージャー職として、求職者により高い価値提供をしていくためにどのような施策が有効か、メンバーがより高いパフォーマンスを発揮できるようどのように組織を引っ張っていくべきか考える立場で仕事をしています。ただ、トップダウンで言われた通りに対応する訳ではなく、私の考えた施策や提案に対して部下や関連する他部門の同僚が積極的にアドバイスや考えを伝えてくれるので、求職者目線で、実のある施策として実行していくことができるのです。

 上司、同僚、部下、他部門とそれぞれ立場は違う関わりの中でも、顧客や求職者に対する想いや熱量、主体性、当事者意識を感じながら、全社で同じ方向を向いているという感覚を持って仕事ができているのは、MS-Japanの文化によるものだと感じています。

40代後半/女性 2007年中途入社 Recruiting Advisor

MS-Japanは私も含めて家庭がある社員も多いのですが、パパママ世代も若手を引っ張る立場として活躍しています。フレックスや在宅勤務など柔軟で働きやすい制度があり、業務の進め方も裁量を持って働くことができる“自由”な社風だからこそ、年次や年齢に関わらず個性豊かで様々なバックグラウンドを持つ社員がそれぞれ活躍できるんだと思っています。

ただ、個人に裁量があるからこそ主体性や自分の判断軸をしっかりと持つことが大切だと考えていて、私自身も生産性を意識しながら仕事と育児を両立しています。

・・・とはいえ、今振り返ってみると復職当時はほとんど制度が整っていなくて(笑) “営業職”で復職して、仕事、子育て、家庭、、、全て上手くやれるか不安な気持ちも正直ありました。復職に向けて上司や会社と相談していく中で、会社として制度を整えてくれたところもあり今の私のキャリアがあります。会社自体が型にはまらない変化ができる会社だと思いますし、こうした変化の中で、私自身も営業職のお母さんとして生産性を意識して仕事に取り組むことが上手になっていったのだと思います。

そういう意味で、社会の価値観や事業環境、従業員の状況等の外部環境に対して柔軟に変化できる・変化を好む文化だなと感じますね。

4.png
22138141-removebg-preview_edited.png

40代前半/男性 2018年中途入社 System Manager

何社か経験していますがMS-Japanに対して全社的に感じることですが、他者を思いやる温かみのある会社だなと思います。自分さえよければいい、みたいな考え方の人がいる感覚がないですね(どこか見えない所にいるのかもしれないけど(笑))。

あとはとても自主性を重んじる会社だなと。なので、積極的にやる人、手を挙げる人、意見を言う人にとってはかなり成長機会の多い会社だと思いますし、チャンスの多い職場という印象ですね。一方で、言われることをやるだけ、受け身でいるだけでは会社の仕組みが整っている分、ただただ仕事が流れていくだけの毎日になるかな。

そういう意味で、これから入ってくる中途入社や新卒の方も遠慮せずどんどん積極的に関わって、意見や提案を出して仕事をすれば年齢や年次関係なくかなりチャンスがあると思います。あとは合理性・論理性が重視されるんですけど、最後までやり切る、あきらめずになんとか着地させるみたいな根性があるところがMS-Japanらしさなのかなと最近感じますね。

女性 2004年中途入社 General Affairs

私が入社して以来変わらないなと思うのが、何事も自分で積極的に希望を出した時にしっかりと聞いてくれる姿勢ですね。その希望が必ず通るかどうかは会社の状態や自分がどう貢献できるか次第で、合理的に希望が通らなかった例ももちろんあるんだけど、前例がないからダメとか「型にはまった」考え方をしないところはMS-Japanらしいなと思います。実際私は入社時には大阪支社勤務だったけど、結婚を機に東京に異動、その後も家庭の都合で一時的に海外に住むことになり、「ついに退職か…」と思っていましたが(笑)その際もまさかの海外からリモートで部分的に勤務するという前例のない働き方をしました。その後も日本に帰国し現在も働いていますが、自分の都合を一方的に主張するのではなく、業務にどう貢献できるかという視点も考えて自主的に検討して主張したときにしっかりと受け止めて検討するところは文化だと思います。

あとは長くいる社員として感じることですがここ3、4年の会社の変化のスピードがさらに速くなっているなと感じますね。細かいところでいうと、業務のペーパーレス化が急激に進んだり、産休明けの社員の選択肢が増えたり、リモート勤務が柔軟に認められたり、正社員以外の働き方でMS-Japanにかかわる人が増えたりと、同じ会社に勤めて10数年になりますが、何度か転職しているくらいの気持ちになります(笑)

22031089-removebg-preview_edited.png
スクリーンショット 2021-12-22 203238.png
​OTHERS
家族のアイコン.png
​有給休暇

入社時期により、入社半年後に10日間の年次有給休暇が付与されます。以後、毎年4月1日又は10月1日に継続勤続年数に
応じて最大20日付与されます。

介護のピクトグラム.png
​産前産後・育児・介護休暇

産前産後休暇制度は最大14週間の休暇が取得可能です。
​1年間につき5日間の介護休暇が取得できる介護休暇制度も設けております。(対象者が2人の場合は10日間まで取得可)
また育児・介護の都合で短時間勤務を希望する社員は最大4時間まで勤務時間を短縮できる短時間勤務制度もございます。

新郎新婦ピクトグラム1.png
特別休暇

​上記以外にも、夏季休暇・慶弔休暇(結婚・出産・死亡慶弔など)・年末年始休暇・勤続年数に応じた特別休暇等があります。

カレンダーのフリーアイコン6.png
​年間休日

​完全週休2日制(土・日・祝日休み※)です。そのほかにも年末年始休暇等がございます。
※キャリアアドバイザーは土・日曜日にカウンセリング等で出社して頂く場合もございますが、その際は代休で振替えます。

温泉マークのアイコン素材 1.png
​福利厚生倶楽部-Benefit Station
スクリーンショット 2018-07-30 19.07.34.png
スクリーンショット 2018-07-30 19.08.47.png

当社の社員はBenefit Stationの会員として以下のような特典が受けられます。 
 ・全国25,000施設の宿泊施設を福利厚生価格で提供
 ・スポーツクラブ法人契約(全国3,300ヶ所) 
 ・健康・メンタル相談サービス 
 ・育児休暇・補助金制度 
  (月極・一時保育時の利用額に応じた補助金制度) 
 ・介護休暇・補助金制度 
  (保険適用超過分の補助、用品購入に対する補助金制度) 
 ・無料eラーニング完備(約250講座) 
 ・コミュニケーション施策(全国約15,000店舗の飲食店が最大半額利用可能) 
 ・リフレッシュ施策 
  (マッサージ、エステ、日帰り温泉などを福利厚生価格で提供) 
 ・物品購入割引制度(家電・食料品・消耗品等が社販価格で購入可能) 
 ・余暇支援施策(映画館・レジャー施設等を福利厚生価格で提供)

業績の無料アイコン1.png
​社員持株会

MS-Japanの株を保有することができます。
毎月の積立額は1口1,000円から設定可能で、個人の拠出金に応じて会社から奨励金が支給されます。毎月の給与から天引きされるため、手間をかけずに資産形成を行うことができます。

お金を受け取るアイコン 円編.png
​企業型確定拠出年金(401K)

退職金制度の代わりに企業型確定拠出年金を導入しています。毎月会社が掛け金を出資し、各個人がその運用プランを選択することができる仕組みです。
社外の個人口座への積立の為、会社に万が一のことがあった場合でも元本が消失するリスクはありません。
また自分の運用の仕方次第で将来の資産を増やすことができるのがメリットです。

病院のアイコン素材 4.png
​各種社会保険完備・定期健康診断

​健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険を完備しております。また年に1回、全社員を対象に会社負担で健康診断を実施しています。