原木3.jpg

​Marketing

​2017年中途入社

​Haraki Manabu

Q.前職では何をしていましたか。

WEB系の企業を2社経験してます。

新卒1社目は若いから厳しい環境で働きたいと思いSEO関係の企業に就職して、2社目は上司の独立についていく形で転職しました。

2社目で広告代理業をやっていたときには、初任給は前職と比べ激減…!1日200件のテレアポして、営業して、既存顧客のサポートや企画を一緒に考えたり、制作物を作ったりと幅広くなんでもやりました。毎日朝から終電近くまで頑張ってました。その分、色々と経験することが多かったです。

顧客のマーケティングをサポートする中で、「これ、おもしろいな。1社に深く入り込んでやってみたい」と思うようになりMS-Japanに入社しました。

Q.MS-Japanに入社を決めた理由は何ですか。

面接での話がおもしろかったからです。自分たちのやっていることやビジョン等を話してくれて魅力を感じたし、自分のやりたいことができると思いました。

転職活動を行なっていたとき、大手をメインで受けていたのですが、既存サービスが強すぎるので新しいこと発信することが難しいと考えていたのですが、MS-Japanは新規事業を自分で企画提案することができるし、新しいメディアでどんどん発信していきたい!と思いました。

原木5.jpg
Q.現在の仕事の面白さを教えてください。
“正解のない仕事に取り組むのが面白い”

現在はリーダーとして、転職希望者獲得のマーケティング施策の取りまとめを行っています。

WEB広告を中心に、施策を企画し、運用から最終的な結果の分析まで一貫して関わることができるので業務の幅が広いです。

マーケティングって答えがなくて、いくら仮設を立てても分析しても、それが本当に正解なのかは分からないんです。でも僕はそれがこの仕事の面白さだと思っていて。がむしゃらに仮説をたててチャレンジしてみる。そしてその仮説通りに話が進んだり、その結果、売り上げが伸びたらすごく嬉しい。けど次の日にはもうその方法が通用しなかったり、もうトレンドじゃなかったりして、その読めない感じがこの仕事のやりがいだと思っています。

総合型の人材紹介会社は得られる情報も多いけど、広く浅くだと思ってるんです。管理部門特化型は範囲は狭いけど、深い情報がたくさんあって、分析のしがいがある。​例えば、経理のスキルって深堀りするとすごい量なんですよ。この蓄積された情報量の多さでは、やっぱりMS-Japanは強いです。あと、専門的な分野でSNSとかメディアを立ち上げるのってすごく面白いと思っていて、今流行っているSNSにも負けないくらいファンをつけることができると思うんです。

僕はもっと当社のサービスを管理部門のみなさんに知ってほしいと思っています。そして、当社のサービスを一度でもいいから使ってほしい。MS-Japanの人材紹介を使ってワークライフバランスが整ったとか、年収上がったとか、そのひとの生活が少しでも豊かになればいいな~って思いながら日々仕事をしています。

Q.仕事をしているうえで大切にしていることは何ですか。
“思いついたらすぐにやってみる、常に新しいものを取り入れていくこと”

何よりもスピード感を大事にしています。

ウェブサービスは移り変わりが激しいので、スピード感がなによりも大切なんです。

評価されていたものが次の日には評価されなくなるという事は珍しいことじゃないんです。

だから完璧に企画してから実行に移すというよりは、思いついたらすぐやってみる、新しいものを取り入れていくという事を大切にしています。

ただ企画はどんどんチャレンジする分、分析には時間かけています。

求職者の方が転職の際に何を重要視しているのかなどを分析したり、シンプルで訴求しやすいキャッチコピーを考えたり、常にユーザー目線で仕事をする様に心がけています。